ヒダマルのラノベ講座。

ヒダマルが考える、ライトノベルの作り方。来たれ小説書き。

キャラクター

ラスボスの登場タイミングに気を付けよう!

クライマックスに立ちはだかる、最後の敵。事件の裏で糸を引いていた人物、その正体。物語が最高に盛り上がるポイントには、悪役の存在感が光ります。 ただ、ちょっと待ってください。 そのボスキャラ、いつ登場しましたか? ラスボスが「知らない人」になっ…

キャラの名付け方、注意点を解説! 

ラノベに大切なのは、なんと言ってもキャラクター。読者はキャラを好きになり、キャラの活躍を期待し、キャラの幸せを願うものですから。 そしてキャラに命を吹き込むのは、そう、「名前」です。 特に主人公の名前は、作品内で最も多く使用する・読まれる文…

キャラの過去はいつ明かす? 【後乗せサクサク】

秘められた過去を持つキャラって、イイですよね。 キノが旅を始めた理由。シズ様の生い立ち。陸との出会い。師匠の本名。お弟子さんとの出会い。アリソン出生の秘密。ピトとエムの馴れ初め。似鳥の真実。時雨沢先生ファンになったいきさつ。 クラウド、悟空…

二次創作はここに注意! 【安心第一】

オリジナルのキャラと設定で作る「一次創作」に対し、既存のそれらで作る物語を「二次創作」と呼びます。 心から好きなキャラと世界観を借りて執筆できるので、一次創作とはまた違った楽しさがありますよね。原作は(悔しいけど)自作と違って知名度が高いこ…

覚醒主人公は、悪役に語らせろ! 【主人公を立たせる小技】

主人公とは、カッコイイ存在です。 悪の化身と戦い、ヒロインを救い出し、世界の滅亡を止めます。最後の最後にシュートを決めるのは、いつだって主人公です。基本的には。 そんな主人公の魅力をうまく伝えるための小技を、ご紹介します。 主人公の力に驚いて…

「妹」とは何か? 創作上の役割。

かえで、直葉、高坂桐乃。 美柑、ジャイ子、キョンの妹。 ライトノベルを始めとしたエンタメには数々の妹キャラが登場します。「自作に出してます」という方も多いはず。 主人公に懐いていたり、馬鹿にしていたり、密かに想いを寄せていたり、家事を一手に引…

キャラの人数は何人がいいの?

ライトノベルの魅力は、なんといってもキャラクター。 「魅力的なキャラの数々が八面六臂の大活躍をする場面をこそ書きたいのだ!」という小説書きさんは多いと思いますが、その想いはいいのですが、ちょっと質問があります。 キャラクターを、何人登場させ…

主人公を目立たせろ! 【注目の法則】

『仲間外れの法則』に続く主人公の目立たせ方、今回は『注目の法則』を解説します。 だいたい名前の通り、主人公を他キャラたちに注目させることでキャラを立てていく手法なのですが、ちょっとネーミングがダサいですね。外連味がない。 そこは名付けの上手…

主人公を目立たせろ! 【仲間外れの法則】

「主人公に魅力がない」 言われたことがある人、多いのではないでしょうか。 キャラ小説であるラノベにとって、大きな欠点です。読者としては「興味ない人物の話を延々と聞かされる」羽目になりますから。 とにもかくにも、主人公に興味を持ってもらわない事…

男性向け・女性向けの違いを考える。 【恋愛関係】

創作における男性向け・女性向けの違いを考察するシリーズ、第二段。 前回→「男性向け・女性向けの違いを考える。 【主人公】」では主人公を取り上げましたが、今回はその相手役について考えてみます。 男主人公の場合の「ヒロイン」、女主人公の場合の……、…

男性向け・女性向けの違いを考える。 【主人公】

来ました。 やってきました、この問題。 「エンターテイメントにおける、男性向け・女性向けの差異とは?」 この問いは、真剣に突き詰めればどこまでも深く・そして広くなっていくので、まとめるのが困難です。ジェンダーや遺伝子的性差にも言及せざるを得な…

キャラの個性を計るには? 「もしもの思考実験」にかけてみよう。

このブログを読んでいる方なら、下記の質問には即答できるでしょう。 あるいは愛が強すぎて、小一時間悩むことになるかもしれません。ヒダマルはこっちです。 ずばり、 「好きなキャラクターは誰ですか?」 いいですね。 ラノベやアニメ・漫画等の愛好者であ…