ヒダマルのラノベ講座。

ヒダマルが考える、ライトノベルの作り方。来たれ小説書き。

ストーリー

悪役が負ける理由は? 【「三つの解決方法」を転用】

以前、「物語の解決方法」として三つの考え方を例に挙げました。 【1、能ある鷹は爪を隠す】 【2、三枚のお札】 【3、笠地蔵】 これらはもちろん「主人公サイドから見た解決方法」で、悪役にとっては都合の悪い展開です。 悪役には悪役の目的・理念があり…

物語を完結させるべき理由。

小説書きは世に多けれど、自作を完結させた経験のある人はどのくらい絞られるでしょうか。 web小説が完結しないまま更新されないことを「エタる」(エターナル)などと呼びますし、ヒダマルが想像しているよりも多いのではないかという印象です。 趣味で書い…

ストーリーで使える、3つの解決方法! 【3、笠地蔵】

ストーリー展開において、問題を解決するために使用できる3つの考え方。今回はそのラスト、「笠地蔵」を紹介します。 その1は「能ある鷹は爪を隠す」、その2は「三枚のお札」でした。シリーズで読むと、展開の幅が広がると思います。 ストーリーで使える…

ストーリーで使える、3つの解決方法! 【2、三枚のお札】

シリーズで解説する「解決方法」に関するヒント。 1「能ある鷹は爪を隠す」2「三枚のお札」3「笠地蔵」 とあるのですが、今回はその2「三枚のお札」を取り上げます。 前回はこちら↓ ストーリーで使える、3つの解決方法! 【1、能ある鷹は爪を隠す】 - …

ストーリーで使える、3つの解決方法! 【1、能ある鷹は爪を隠す】

物語のクライマックスでは、作中最大の問題が立ちはだかり、主人公たちを苦しめます。 ファンタジーならバトル、ミステリーなら謎解き、学園ものならヒロインとの関係が修復される、といったところでしょうか。 物語の前提はそれまでに十分語られているはず…

起承転結? 序破急? 「3~4」だけ覚えればOKです。

前回の「超簡単なストーリーの作り方」では、「誰が」「何をした」を基にした、単純なストーリーの作り方を紹介しました。 「誰が」「何をした」という文章を思いつくだけ挙げて、それを繋げていく方法です。ヒダマルが例として、簡単なストーリーを作りまし…

超簡単なストーリーの作り方。

ライトノベル、つまり小説には、ストーリーが欠かせません。 「キャラクター」も同じくらい大切ではありますが、まずはストーリー作りに慣れていきましょう。 ということで、今回は「超簡単なストーリーの作り方」を紹介します。 お話作りの経験が一切ない方…