ヒダマルのラノベ講座。

ヒダマルが考える、ライトノベルの作り方。来たれ小説書き。

梗概(こうがい)ってなに? ネタバレしていいの? 正しい書き方を解説。


 渾身の小説を書き上げたぞ!

 よし、賞レースに応募しよう!

 まずは応募規定を読んで……、?


 ……「梗概」ってなに?

 

 このような体験をした方は、意外と多いはずです。

 作品執筆中は本文のことで頭がいっぱいで、応募規定に添えられている梗概(こうがい)の存在まで気が回らないことが大半でしょう。

 中には、梗概のことをすっかり失念していて、〆切当日に焦って書き方を調べた、なんて方もいるのでは? ヒダマルのことですが。

 

 今回は梗概についての解説ですが、結論は「ネタバレまで書き切るべし」です。

 

f:id:hidamaru:20190219133017j:plain

 

 

 

梗概とは。

 梗概とは、「物語のあらすじ、あらまし」を指す言葉です。

 文字数は応募する賞の規定に準拠しますが、だいたい800~1000文字程度のものが多いかと思います。


 多くの人が悩むのは「梗概って、結末まで書き切っていいの?」という点ですが、答えはイエス。

 賞の応募規定に詳細が書いていなかったとしても、必ず物語の結末まで書き切りましょう。
 重要なネタバレも含めて構いません(というより、必ず含めましょう)。


 下読みの方も編集の方も、本文を読む前に梗概に目を通します。

 この小説はどんなお話なのか、どんな面白さが用意されているのか、予め把握してから読み進めるのです。

 

梗概とあらすじの違い。

 厳密な違いはありません。
「まだ読んでいない他者に、ストーリーの面白さを伝えるもの」と捉えれば問題ないでしょう。

 何らかの賞の応募規定にこれらの文言があった場合は、どちらにしても「物語のネタバレを含め、初めから結末まで書いたもの」という意味です。

 

 

「梗概の面白さ」=「小説の面白さ」

「梗概にはネタバレ含め、始まりから結末まで書きましょう」と言われたら、こんな心配が出てくることかと思います。
 すばり、

「それじゃ、小説の面白さが伝わらないのでは!?」


 ご安心ください。
 伝わります。


 そもそも、「梗概の面白さ」=「その小説の面白さ」なのです。

 作者自身が小説の「面白さ」を十分に理解していれば、それを分かりやすく濃縮した梗概も面白いはずなのです。


 下読みの方も編集の方も、その点はよく理解しています。趣味の読者とは違った「小説読みのプロ」なので、安心してください。

 その「読みのプロ」たちにとって、梗概でネタバレしている程度で面白さが半減するような小説は、初めから面白くないのです。一次選考で落とされるでしょう。

 

 

ミステリー小説の場合は?

 とはいっても、ミステリーや探偵小説の場合はどうでしょう?
 ここは、下読みさんや編集者の間でも意見が分かれている部分だそうです。

「ミステリー小説であっても、梗概は最後まで書かれているべき」
「流石に、ミステリーや謎解き小説の結末は知らずに読みたい(だからといって、規定や平等性の観点から、あらすじを読まずに本文は読めない)」

 という、二つの論調があるそうです。

 

 しかし、応募者として応募規定を順守するとすれば、ミステリー小説であっても最後まで梗概を書き切った方が無難と言えます。

 少なくとも、応募規定違反で除外、といった最悪の事態は避けられるためです。

 

 

 妥協案としては、途中までは普通に梗概を書き、根幹に関わるネタバレに入る前に

※この先、重大なネタバレがあります。

 などと注意書きを挟んでおく、といった方法が考えられます。この注意書きも、梗概の文字数としてカウントした方がいいでしょう。

 

 

まとめ。

結論:梗概はネタバレまで書き切るべし。

 

 繰り返しますが、梗概は必ず結末まで記しましょう。

 間違っても、「主人公の運命や如何に……!?」のような宣伝文句調にしてはいけません。規定違反で除外される可能性があります。

 

 読みのプロである選考者さんを信じて、自信を持って書きましょう。その作品が面白ければ、梗概だって面白いはずなのですから。