ヒダマルのラノベ講座。

ヒダマルが考える、ライトノベルの作り方。来たれ小説書き。

悪役が負ける理由は? 【「三つの解決方法」を転用】

 

 以前、「物語の解決方法」として三つの考え方を例に挙げました。

【1、能ある鷹は爪を隠す】

【2、三枚のお札】

【3、笠地蔵】

 

 これらはもちろん「主人公サイドから見た解決方法」で、悪役にとっては都合の悪い展開です。

 悪役には悪役の目的・理念がありますから、そう簡単にやられるわけには参りません。あの手この手で、主人公たちへの障害を用意してくるでしょう。

 それこそ、「三つの解決方法」を駆使して対抗してくる可能性もあります。

 

 ……そんなとき、悪役の身には何が起こるのでしょうか?

 

 

f:id:hidamaru:20190611205606p:plain

 

 

能ある鷹にも牙はない。

 

 我ながら的を射た言葉だと思います。

 秘められた力を解放させることで問題を解決に導く主人公は「能ある鷹は爪を隠す」のパターンで考えられますが、悪役の場合は逆。

 

 ものすごく強力な能力を持ち、とんでもなく強大な破壊力があったとしても、創作において悪は必ず負けます。

 その時、敗北の理由として考えられるのが、この「能ある鷹にも牙はない」です。

 

 どこからどう見ても勝てる見込みのない敵と戦う際、役に立つ考え方です。「色んなことが出来るんだけど、肝心な部分に弱点があったから、そこを突かれて負ける」という流れですね。

 例を挙げると、『とある魔術の禁書目録』三巻の一方通行は正にこのケースで敗北しました。

 

 主人公が障害を乗り越える方法論は、逆に考えると、悪役が敗北する理由にも繋がるのです。

 

 

よくばり爺さん。

 こちらは、「笠地蔵」の転用。

 主人公サイドの問題解決だと「事件と直接の関係がない行動こそが、主人公を助ける結果に繋がる」というケースです。『SAO』の四巻で、他種族の妖精たちがキリトを助けてくれたパターンがこれに該当します。

 

 悪役は、その逆。

「事件と直接の関係がない行動が回りまわって、悪役キャラの首を絞める」ですね。日頃の行いのせいで身を亡ぼす、といったところで、展開としては正に「昔話のよくばり爺さん」です。

 

「とある強力キャラを騙して働かせていたが、主人公が彼を聡し、仲間に加えてしまった」

「魔王が長年虐げてきた種族は門外不出の秘宝を隠し持っていた。しかし、魔王討伐を目指す勇者へ特別に受け渡すことを決める」

 

 など、悪役が悪いことをしていたからこそ、罰が当たるような形で形勢が変わります。メインストーリーと直接の関連がない(と見せかけていた)部分が、実は大きな鍵を握っていた展開です。熱い。

 

 

まとめ。

結論:「解決方法」は、悪役が負ける理由にも転用できる。

 

「三枚のお札」だけは難しいというか、まだ消化できていません。

 悪役が試行錯誤して戦うのだって戦闘の基本ですし、この要素に限っては真っ向勝負になりそうなところです。

 いずれ、バトルで使える法則も解説してみます。