ヒダマルのラノベ講座。

ヒダマルが考える、ライトノベルの作り方。来たれ小説書き。

誤字脱字との向き合い方。

 

 誤字脱字。

 

 小説を書いていると、必ず奴等に出くわします。

 ブログでもそうですし、Twitterやレポートなど、文字を書く際には切っても切れない因縁の敵です。

「飲食店にGはつきもの」なのと同じくらい、「コーラを飲んだらゲップが出る」のと同じくらい、避けられない問題でしょう。

 

 今回は、そんな誤字脱字との付き合い方について、ヒダマルなりの考え方を論じます。

 

f:id:hidamaru:20190628131224j:plain

 

誤字脱字との向き合い方。

 誤字脱字を完全に解決する方法は、ありません。

 

 まずは、これを受け入れる必要があります。一人で何十万文字も書いている中、すべての誤字を確実に抹消するのは不可能です。

 一人では解決できないからこそ、プロの本には「校正」という役職が介在します。誤字脱字はもちろん、単語の統一や表現の誤用まで指摘してくれる方々です。もちろん、作者や編集者のチェックも同時進行で常に行われます。

 にもかかわらず、出版した本には、誤字が見逃されているケースがあります。
(昨日買った本にもありました)

 

 数人がかりのプロの仕事でも防げないのですから、アマチュア小説家の場合は言わずもがな。

 やっきになって誤字修正するよりも、面白いものを作る方向に熱意を注ぐ方が健全です。

 

 

誤字脱字のチェック方法。

 かといって、何の対策も打たないのは悪手ですね。誤字だらけの小説は、作品世界への没頭を妨げますから。

「いくら気を付けてても交通事故の可能性はなくならない」からといって、信号を無視していいわけではありません。それは、読者に対し不誠実な態度です。

 有名どころも含め、具体的な対処法を並べてみます。

 

寝かせる。

 書き上げた原稿を数日間寝かせ、頭をクリアにしてから読み返す方法です。誤字チェックに限らず、推敲の際にも役立つお約束ですね。

 執筆中の熱量が冷め、新鮮な気持ちで読み返せるために「あ、ここおかしいな」と気付くことができます。

 最も簡単な方法と言えるでしょう。

 

印刷して読み返す。

 これも有名。

 紙に印刷して読み返すことで、作者と小説との精神的な距離が離れ、客観的に観ることができます。エディターでは目に止まらなかった弱点が見えるので、お勧めの方法です。

 本気で新人賞を狙うなら、この作業を避けて通らない方がいいでしょう。

 

「寝かせる」「印刷する」双方に言えることですが、「声に出して読む」のも効果的です。

 

読者から募る。

 一人では限界があるので、他者の手を借りる方法。

 家族や友人に読んでもらえるなら手っ取り早いです。じゃんじゃん指摘してもらいましょう。

 オフラインでは難しそうな方も、昨今は気軽にwebで発表できますし、作品の解説やプロフィールなどに「誤字脱字などあればご指摘ください」と載せておけばいいと思います。

 

 ただ、他人からの指摘は少なからず精神的ダメージを伴う恐れがあります。

 誤字や誤用などの指摘はありがたく受け止めつつ、無用に落ち込まないように気を付ける訓練だと思いましょう。

 

 

まとめ。

結論:誤字脱字は防げないが、防ぐ努力はしよう。

 

 100%なくすのは不可能でも、作者として怠けていい部分ではありません。一文字違うだけで意味が逆転してしまう場合もあります。

 数日間寝かせ、紙に印刷し、信用ならない相手が書いた作品だと思って、念入りに読み返しましょう。

 

 ……以上の文章に誤字脱字誤用などがございましたら、ヒダマルまでご一報ください。