ヒダマルのラノベ講座。

ヒダマルが考える、ライトノベルの作り方。来たれ小説書き。

「美しい」はNG!? 描写力を上げる方法。

 

 ライトノベルには、多くの場合、ヒロインが登場します。

 もちろん美少女です。フィクションですから、100年に一度の美女だって何人も出てきます。美少年もイケメンもよりどりみどりです。どこを見ても美しいんです。

 

 そこで問題になるのが、「美しさ」をどう表現するか?

 

 各キャラクターを形容するにあたって、どんな差異を付ければ個性が伝わるのでしょう。

 文章力・描写力を格段にアップさせる秘訣をお伝えします。

 

f:id:hidamaru:20190916165117j:plain

 

「美しい」は封印しよう。

 キャラクターの美しさを、「美しい」という言葉で説明しようとしていませんか?

「美しい少女」「美しい瞳」「美しい髪」と、「美しい」に頼り切っていませんか?

 

 封印しましょう。

 

 形容詞「美しい」を使わず、美しさを表現してみてください。うまく行けば、ただ単に「美しい〇〇」と表すよりも、何倍も深みのある美しさが伝わるはずです。

 一切合切使用禁止なわけではありませんが、制限をかけて文章を作ってみることで、より魅力的な美しさを伝える練習になります。

 

 

 もしも「美しい」だけでキャラの魅力が十分に伝わるのなら、そのキャラはたぶん、あまり美しくないと思います。

 苦言を呈すと、「美しい」でいいのなら、小学生でも書けます。(小学生は小説を書くなとは言ってません。むしろ書いて)

 

 

 形容詞は便利なので、ついつい多用してしまうことがあります。

「美しい」に限らず「かっこいい」「かわいい」「たくましい」「幼い」「ふてぶてしい」「胡散臭い」「神々しい」「あつかましい」などなど、類型的な特徴を一言でスパッと伝えてくれます。便利なんです。

 

 しかし肝心かなめは、「どのように」美しいか。

 

「どのように」の部分にしっかり力点を置いて描写するならば、その後の形容詞はなくても伝わるはずです。

 

 

「どのように」の変化で、キャラ被りを防ぐ。

「どのように」のパターンを重複させないことで、キャラ被りをチェックすることもできます。

 絶世の美少女二人が登場するとして、どちらも「絶世の美少女」とだけ書いていては、違いが分かりませんよね。この場合も「どのような絶世の美少女か」に着目し、そこに差を付けることで、それぞれのキャラ立ちが良くなります。

(というより、キャラに差があれば自然、描写内容にも差が出るはずですが)

 

 かたや金髪クールな女王様気質、その視線は誰の心をも打ち抜くが、全身から発するオーラに圧倒されて常人は近づくことすら許されない絶世の美少女。

 かたや黒髪おっとり癒し系、柔らかな笑顔はどんなストレスもたちどころに霧散させ、彼女の前では安いプライドも闘争心も無力と化す絶世の美少女。

 

「絶世の美少女」という形容が同じでも、「どのように」に差があることで、これだけの違いが出ます。

 

 

まとめ。

結論:「美しい」を封印して、美しさを表現しよう!

 

「美しい」と書かずに美しさを表現する。「かわいい」と書かずにかわいらしさを生む。「渋い」と書かずに渋さを出す。

 これができれば、小説家として大きな武器になります。お勧めの練習法なので、ぜひお試しください。